粉ミルクに使う水比較ガイド

粉ミルクに適しているのはどんな水?

粉ミルクは通常最も使われるであろう水を想定して製造されています。
その水とは水道水です。この水道水を沸騰させ、さまして使用することと粉ミルクに最適な水となります。
ではここで、水道水の性質について上げていきます。
日本の水道水は硬度100以下の軟水である事が一般的です。軟水とは、ミネラルなど含まれる成分が少ない水で、飲み心地もまろやかなのが特徴です。米を炊いたり、調理の際に良いにも軟水ですね。逆に硬水ではお米はぱさぱさになります。
その為、硬水のミネラルウォーターは使うべきではありません。硬水は沸騰させても性質は変化しないので、粉ミルクの調乳には適していないのです。

 

この水道水には塩素や不純物も含まれています。
その為一度沸騰し消毒してからの使用になります。そうすると水道水は塩素も抜け、雑菌も排除されるので、安全な水になるのです。
ただし、水自体以外にも注意事項があります。それは粉ミルクを調乳する際に使用する器具です。この器具に雑菌があっては、いくら水自体が安全でも意味がありません。
生後三か月くらいまでは、消毒した器具を使用するといいでしょう。

 

また、沸騰させてから使うまでには、冷ますまでの間があります。
この手間を省く為には一度沸騰させた水道水を冷まして保管し、これを適時交換して使用するといいですね。
使いたい時にすぐ使用できますので、便利ですよ。
水を使う際肝心なポイントは雑菌を排除できているかどうかです。その点に配慮して使用すれば、粉ミルクの調乳はより安全になるのです。

 


粉ミルクは水道水じゃダメ?

粉ミルクは基本的に日本の水道水を使うことを想定されて製造されている製品です。その為、粉ミルクは水道水ではダメか否かの問いに対する答えは問題なし、です。
ただし、この水道水を使用する際にはポイントがあります。
水道水は基本冷水です。粉ミルクを調乳し、飲める状態にするには70度以上にする必要があります。また、水道水は家庭まで至るまでに、塩素などで消毒されています。その為に一度煮沸する必要があります。また、水道管ではサビなどの心配もあります。一度煮沸消毒する事が、粉ミルク使用時の条件になるでしょう。
粉ミルクは基本的に乳児が使います。乳児は細菌などに弱いですし、大事にしたいもの、使う水には気を使いたいですね。

 

乳児用専門の水としては粉ミルクの販売メーカーが販売している赤ちゃんにやさしい水を使う選択肢もあります。この水なら確かに安全ですが、元々粉ミルクは水道水を想定して成分調整もされています。あまり気の遣いすぎはよくないと思います。

 

ただし、水道水にも70度以上に沸騰させた後、さますなど手間が必要なデメリットもあります。そういった場合はウォーターサーバーなど使うのも手ですね。煮沸した水道水より安全ですし、冷水温水どちらも出ますので、すぐ冷ます事が出来ます。
忙しい時重宝するアイテムですね。

 

ただし、粉ミルクの基本は水道水です。
まずは水道水を使った粉ミルクの正しい調乳から始めた方がいいと思います。
赤ちゃんは安全に育てたいですね。

 

 


粉ミルクに使う水 人気ランキング

アクアクララ

ウォーターサーバーといえばアクアクララという代名詞的な存在になるほどのメジャーな会社です。サーバーのデザインはオシャレでスタイリッシュ、しかも用途や機能、場所によって2種類のものから選ぶことができます。他のサービスと比較するとレンタル料金はかかりますが、その分ボトルの料金が安く設定されており消費量の多い家庭では逆にお得になります。注文は電話一本でボトル一本から可能。重たい水の持ち運びの苦労はもちろんいりません。RO水で4種類のミネラルをバランスよく配合した硬度29.7の軟水です。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
レギュラー 1,260円/12リットル
スリム   1,050円/8リットル
アクアペルト  1,575円/月
アクアクレール 1,050円/月
(税・メンテナンス料込)
逆浸透膜(RO膜)でろ過した純度の高い水に4種類のミネラル成分をバランスよく配合した軟水
アルピナウォーター

アルピナウォーターは北アルプスのふもとから湧き出る天然水を原水とするピュアウォーターです。そのまま飲んでもおいしい北アルプスの天然水に磨きをかけるため逆浸透膜(RO膜)を通し、細菌やウイルス、環境ホルモンにいたるまでを徹底的に除去しています。出来上がった水は不純物を含まない純水で吸収の良い水になっています。人工的なミネラル添加をしていないため赤ちゃんのミルクにも最適です。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
アルピナ・ピュアウォーター
995円/12リットル
600円/月 北アルプスの天然水を原水とした不純物をほとんど含まないピュアウォーター。軟水。
クリクラ

クリクラの純度の高い水の秘密は逆浸透膜(RO膜)でろ過した物だからです。RO膜でろ過した水は環境ホルモンなどの有害物質などはもちろんミネラル成分も除去されています。純水に近くなります。その純水に4種類のミネラルを配合し身体に優しくおいしい水を1,260円/12リットルという低価格で提供しています。

種類・価格 サーバレンタル代金 特徴・水質
RO水 1,260円/12リットル 無料
メンテナンス 5,250円/年
0.0001ミクロンの逆浸透膜(RO膜)でろ過された綺麗で安全な水にバランスよくミネラルが含まれている軟水