粉ミルクに使う水比較ガイド

粉ミルクに、硬水を使っても大丈夫?

粉ミルクに硬水を使っても大丈夫?この質問は非常時にあると思います。
基本的に粉ミルクの調乳の際は軟水が適応しています。硬度100以下が軟水ですので、水道水なども問題ないですね。
ちなみに一般的に硬水は硬度120から180未満、非常な硬水は180以上になっています。
一般的な日本産のミネラルウォーターは軟水ですので、硬度さえ注意すればミネラルウォーターでも問題はないのです。

 

もし硬水を使って、粉ミルクを調乳し、乳児に飲ませた場合、様々な問題点が出てきます。
元々、粉ミルクはミネラルを含んでいます。さらに硬水のミネラルを加えた場合、ミネラルの過剰摂取になるのです。この結果、腎臓に負担をかけることになります。元々、ミネラル自体は骨や体を作る際には必要な成分なのですが、乳児は身体がまだ出来上がっていませんので、過剰摂取は問題となるのです。

 

大人なら硬水でミネラルを多くとっても問題なく排泄されますが、乳児には注意が必要なのです。一般的な症状としては、硬水を使用して粉ミルクを調乳した場合、赤ちゃんは下痢を起こします。赤ちゃんのお腹の具合が悪くなった場合はまず水を疑うといいと思います。
大人でも適さない人は、お腹がゆるくなるケースもあります。その為、硬水は粉ミルクの使用以外にもあまり適さないのが現状ですね。このあたりは水の好みによるかもしれません。ただ硬水にも適した使い方があります。例えば硬水は臭いを押さえる効果があります。調理用としては、素材のうまみを引き出す煮物やスープには最適です。
使い道はありますので、用途にあった使い方をすべきなのです。