粉ミルクに使う水比較ガイド

アクアクララの水は、粉ミルクに使っても大丈夫?

粉ミルクは乳製品の一つで、生乳の水分をほとんど除去し、粉末に加工した食品です。現在は乳児用調整粉乳が粉ミルクのイメージですね。
この粉ミルク、70℃のお湯で充分に粉ミルクを溶かしたのち、お水を入れ濃度・温度を調整し、ミルクに戻すわけですが、どういった水が最適でしょうか?例えばウォーターサーバーで有名なアクアクララの水、この使用はどうなのか悩む人もいると思います。

 

粉ミルクに使う水の種類を考える場合、水の性質自体から考える必要があります。
日本製の粉ミルクは基本的に日本の水道水(軟水)で溶かす事を想定して製造されています。その為、軟水なら問題はありません。逆にミネラルが多いミネラルウォーターでは、乳児にはミネラル過剰となる負担を与える結果になります。

 

実際アクアクララの水は硬度29.7の軟水です。
その為、アクアクララの水なら、問題なく安心して粉ミルク対応として使う事が出来ます。むしろ一般的な水道水を使用して、粉ミルクを使う方法と比べ、より乳児に安全な仕様になっています。アクラクララは安全性を第一にした水です。家庭では考えられないレベルでろ過しており、不純物は水道水と比較して非常に少ないです。
その為、むしろ乳児の粉ミルクの為の水として、最適な水とも言えます。
アクアクララの活用の方法の一つですね。
水道水には残りやすい、残留塩素なども除去されていますので、しっかり器具のメンテナンスもされています。安定して使っていきたい水になると思います。