勤めている会社がブラック企業だと判明したら転職する方が良いでしょう

勤める以前からブラック企業だといったことが知っていれば、そのような会社に入社する人はいないでしょう。
職を辞したいと思っても、将来の生活のことが気になって、辞めるのを躊躇することもあるのではないでしょうか。
とはいえ、健康あっての生活になりますから、健康を損なってしまう前に辞めてください。
転職の活動は今の仕事をこなしながら行い、派遣で転職先が決まってから退職したいものです。
退職後の方が自由に時間を使うことができますし、即座に働き始められますが、派遣で転職する先がなかなか決定しない可能性もあります。
無職である期間が半年以上になると就職する先が探し出しにくくなりますから勢いで今現在の仕事を辞めることのないようにしましょう。
仕事を変えたいときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。
これまで築いてきた経験を使った転職活動を考えている人にもお勧めできる資格なのです。
社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
転職する際に求められる資格というのは、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が有利でしょう。
それから、建築や土木系だと、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、その資格を有していないと実際に働くことができないといった仕事がかなりあるため、狙ってみるといいかもしれません。