実際転職すると年収はどうなるの?

【転職では年収ダウンが6割近くもある】転職すると年収は増える、と思っている人は多いのではないでしょうか。
でも実際はどうなのでしょうか。
実は世間の思いに反して転職で年収が増える人は案外少ないのです。
あるデータによりますと転職で年収が増えた人は全体で25%しかなく、減った人のほうが圧倒的に多く、その率は全体の60%近くに達しているのです。
転職前と変わらない人が17%ほどありますが、転職では年収アップより、年収ダウンの方が圧倒的に多いのです。
つまり年収がアップするのは4人に1人であり、逆に年収がダウンする人は2人に1人入るということになります。
したがって転職にばら色の夢を抱いてばかりはいられません。
年収アップ組に入るには、やはりそれだけのキャリアやスキルを備えた実力のある人でなければならないのです。