住宅ローンは繰り上げ返済が大事なの?

住宅ローンを長年組んでいると、まとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
家の購入で初めに思う事は資金繰りの事ではないでしょうか。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローン相談の申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
期間は最長で35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金が0円になる。
といった、家族にもメリットが高い保険です。
住宅ローン相談は家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。
申請方法はとても簡単で金融機関ならどこでも受付ていますし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。
さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せる方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。
申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。
こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて自分で行う確定申告で申告する必要があります。
マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン相談申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
という期待はできません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

繰り上げ返済の条件で住宅ローンを選ぶ!【手数料条件のいい銀行は?】